鍼灸治療・びわの葉温灸・オイルマッサージ

オイルマッサージ

  • HOME »
  • オイルマッサージ

如水鍼灸院では
アロマテラピー/オイルマッサージを
治療の一環としてとりいれることで
様々な疾患や症状のケアの効果を高めています。

 

 

 

 

 

 

アロマテラピーについて

良質な精油を適切な濃度と方法で使用することで
単なるリラクゼーション作用だけでなく
心身を根本から治癒に導くことができます。
それは アロマの香りが脳に直接作用して
自律神経系、ホルモン系、免疫系を整えるため。
そして皮膚・粘膜から直接体内に吸収され
各部位に作用するため。
オイルマッサージなど皮膚に塗布して使う以外にも
香りをかいでいただくだけで効果はあります。

当院では ドイツで薬品認定をうけているアロマラントの精油を
メインに使用しております。
がん治療中の方など 一部 ヤングリビングの製品もとりいれております。
セルフケア用として どちらも 当院でお買い求めいただけます。
使用法も合わせてお伝えしますので大いに活用していただければ幸いです。

 

 

オイルマッサージについて

当院のオイルマッサージは
リンパマッサージをベースに反射区療法(リフレクソロジー)を
とりいれたものです。

がん治療中の方や重篤な疾患の方の治療には刺激量・刺激部位を
慎重に調節しながら
脊柱を中心としたオイルマッサージをとりいれています。

 

 

 

 

 

 

オイルマッサージへの熱い想い

10代の終わり、はじめてオイルマッサージを習ったときの感動は
忘れられません。
それから15年以上 オイルマッサージをしたり
してもらったりしてきましたが 年々、
オイルマッサージにほれ込んでいく自分がいます。
開業当初、妙なプライドから鍼灸治療一本でやっていこうかと
悩んだときに 師匠である遠藤聡哲先生が
「オイルマッサージはお手当そのもの。
本当にいいものだからやめないで」と
おっしゃってくださったことに 今は心から感謝しています。
私は オイルマッサージをしてもらうのはもちろんですが
誰かにさせてもらうのも本当に大好きなのです。
この心地よさ、気持ちよさはなんなんだろうと思っていたら
その答えの一つが 桜美林大学の山口創先生の本にありました。
いわく、皮膚と皮膚のふれあいにより
脳内に 癒しと幸せを感じるセロトニン・オキシトシンという
ホルモンが分泌されるそうです。
また ケイシー療法でも 脊柱のオイルマッサージが推奨されています。
そこでいわれているのは
「悲しみ、憎しみ、恐れなどのネガティブな感情は
背骨の両脇に蓄積され病の原因となる。
そしてそれらは脂溶性であるので 植物性のオイルでとかしだして
排泄する必要がある」という理論。
こちらは非科学的かもしれませんが
オイルマッサージが肉体のみならず 精神・感情まで作用するというのは
実際にケアを受けられた方の多くが口にされることです。
このオイルマッサージと
理屈抜きに脳に働きかけて全身を調整するアロマテラピーとを
組み合わせれば その相乗作用ははかりしれないものがあります。
多くの症状・疾患の原因の大部分を占めるストレスへの
アプローチとして 特に現代社会においては欠かせないお手当だと
改めて思います。
そして多くの方に体験していただければと心から願っています。

 

TEL 0466-27-6320 9:00~17:30

PAGETOP
Copyright © 如水鍼灸院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.